検索結果:全618件(1ページ目)

絞り込む

絞り込み検索

キーワード

カテゴリ

2024年デンタルショー出展のご案内

2024年は下記のデンタルショーへ出展いたします。 皆さまのご来場お待ちしております。 名称 日程 会場 リンク (終了)中部デンタルショー 2024/02/17~18 名古屋市中小企業振興会館 詳細 (終了)九州デンタルショー 2024/06/01~02 マリンメッセ福岡 詳細 …

【配信終了】(再配信)ウェビナー「チェアサイドCAD/CAM最前線!」

好評につき再配信決定! ※本セミナーは、2023年12月21日、2024年1月19日にWHITE CROSS Liveセミナーにて配信されたものです。 CAD/CAM冠が保険算定できるようになって、もうすぐ10年が経過します。この10年、歯科界では保険・自費治療のどちらにおいても、CAD/CAMの活躍の場が大きく広がりました。今回は、デジタルデン…

「クリアフィル® ユニバーサルボンド Quick 2」のセメント接着時の術式は?

1) 補綴装置の表面処理は、「SA ルーティング® Multi」の電子添文等にしたがって処理してください。 2) 窩洞又は支台歯表面に「クリアフィル® ユニバーサルボンド Quick 2」の塗布を行い、塗布後は待ち時間なしで、 弱~中圧のマイルドなエアーブローで液面が動かなくなるまで窩洞全体を乾燥します。確実な乾燥のため、5秒以上は行うようにしてください…

「クリアフィル® ユニバーサルボンド Quick 2」の直接法の支台築造で「クリアフィル® DCコア オートミックス® ONE」を用いる場合はボンディング材への光照射が必要で、セメント接着における処置で「SA ルーティング® Multi」を用いた場合は光照射が不要な理由は何ですか?

「クリアフィル® ユニバーサルボンド Quick 2」は「クリアフィル® DCコア オートミックス® ONE」および「SA ルーティング® Multi」いずれとも接触硬化が進行します。 一方で、直接法の支台築造においては、接着界面にかかる重合収縮応力が比較的大きいため、歯質界面での十分な接着強度を得るためボンディング材への光照射が必要です。…

「クリアフィル® ユニバーサルボンド Quick 2」と「クリアフィル® DCアクティベーター」の混和液の操作余裕時間は?

90秒です。 ※ 遮光板で周囲からの光を遮断下において

「クリアフィル® ユニバーサルボンド Quick 2」を処理中に、被着面が唾液や血液などにより汚染された場合、どのように処理すればよいですか?

唾液、血液等で処理面が汚染された場合は、その部位に水洗、乾燥、又は清掃材(例えば「カタナ® クリーナー」)又はアルコールで清掃を行った上、再度処理してください。 処理面が汚染されると接着強さが低下する場合があります。

「クリアフィル® ユニバーサルボンド Quick 2」はシランカップリング剤として使用できますか?

「クリアフィル® ユニバーサルボンド Quick 2」および「クリアフィル® ポーセレンボンド アクティベーター」を混和皿に一滴ずつ等量採取し、混和することで、シランカップリング剤として使用できます。

「クリアフィル® メガボンド® 2」と「クリアフィル® ユニバーサルボンド Quick 2」の使い分けはどうすればよいのですか?

高接着が必要なケース(大きな窩洞等)には「クリアフィル® メガボンド® 2」 短時間で治療を行いたい場合(小児高齢者等)や支台築造、セメンテーションには「クリアフィル® ユニバーサルボンド Quick 2」をご紹介しております。

「パナビア® V5」と比べた「クリアフィル® ユニバーサルボンド Quick 2」+「SA ルーティング® Multi」のメリットは何ですか?

1. 「SA ルーティングⓇ Multi」単独、又は「SA ルーティングⓇ Multi」+「クリアフィル® ユニバーサルボンド Quick 2」併用のように、症例により術式を変えられること 2.ボンド・プライマー類の液材は医院に「クリアフィル® ユニバーサルボンド Quick 2」のみあれば、CR充填・セメンテーション・支台築造などに使用でき、液材に関する…

「クリアフィル® ユニバーサルボンド Quick 2」+「SA ルーティングⓇ Multi」と 「クリアフィル® ユニバーサルボンド Quick ER」+「SA ルーティングⓇ Multi」の接着強さを比較した場合、接着力の違いはありますか? またあったとしたらどのくらい違いますか。

・「クリアフィル® ユニバーサルボンド Quick 2」+「SA ルーティングⓇ Multi」 ・「クリアフィル® ユニバーサルボンド Quick ER」+「SA ルーティングⓇ Multi」 の接着強さは同等です。

「クリアフィル® ユニバーサルボンド Quick 2」はどのような技術で薄膜化しながら高強度なボンディング層を達成したのですか?

強度向上を目的としたフィラーを含有しながらも新技術により塗布しやすい液性状を実現するとともに、高い親水性と重合硬化性を兼備する親水性アミド系モノマーに加え、多官能ウレタン系メタクリルモノマーを導入したことで、薄膜化しながらも機械的物性の維持・向上を達成しました。

「クリアフィル® ユニバーサルボンド Quick 2」は歯科金属用のプライマーとして使用できますか?

「クリアフィル® ユニバーサルボンド Quick 2」は「使用用途2)光重合型の歯科充填用コンポジットレジンによる前装冠等の歯冠修復物の補修」や、「使用用途3)歯科用ポストの表面処理」において、歯科金属用のプライマーとして使用できます。

「クリアフィル® ユニバーサルボンド Quick 2」の支台築造時の術式は?

1) 使用する材料の電子添文等にしたがってポストの表面処理を行ってください。 2) 築造窩洞に「クリアフィル® ユニバーサルボンド Quick 2」の塗布を行い、塗布後は待ち時間なしで、弱~中圧のマイルドなエアーブローで液面が動かなくなるまで窩洞全体を乾燥します。確実な乾燥のため、5秒以上は行うようにしてください。 3) 光照射を行い硬化させます。 4…

「クリアフィル® ユニバーサルボンド Quick 2」のキャップを開けると、液が湧き出しました。どのように対応すればよいですか?

ボトルが冷えた状態でキャップを開閉すると、採取時に必要以上の液が落下したり、液が湧き出すことがあります。 液が湧き出した場合、ガーゼ等で拭き取ってからご使用ください。 また、本品を冷蔵庫に保管する場合においては冷蔵庫から取り出した後、室温で15分以上経過してから使用してください。

「クリアフィル® ユニバーサルボンド Quick 2」の 使用期限は27か月と、「クリアフィル® ユニバーサルボンド Quick ER」より短くなったがなぜか?

室温保管下での使用期限に関する評価を実施した結果、27か月を使用期限として設定いたしました。

「Advanced Rapid Bond Technology」とは何ですか。教えてください。

ADVANCED RAPID BOND TECHNOLOGYは、ボンディング層の「質」の進化、さらなる接着信頼性をさらに獲得するべく導入された技術です。本技術により以下の特長が得られます。 ●塗布後の待ち時間なしで高接着 ●強固なボンディング層の形成 本技術は当社独自のトリプルモノマー技術から構成されています。 1)多官能ウレタン系メタクリルモノ…

「クリアフィル® ユニバーサルボンド Quick 2」の溶媒には何が含まれているのですか?

水・エタノールが含まれています。

「クリアフィル® ユニバーサルボンド Quick 2」が5 mL、クリアフィル® ユニバーサルボンド Quick ER」が5.6mLですが、使用回数は異なるのでしょうか。

内容量は異なりますが液の低粘度化によって、実質的に使用可能な滴下数は「クリアフィル® ユニバーサルボンド Quick 2」と「クリアフィル® ユニバーサルボンド Quick ER」で同等です。

ウェビナー「24年度歯科診療報酬改定 最新情報」

24年度歯科診療報酬改定 最新情報 〜医院経営における診療報酬改定の活かし方〜 保険診療に取り組む歯科医師において、診療報酬改定への正しい理解は日々の治療に直結するため重要です。2024年度診療報酬改定では、か強診から口管強への変更、ライフステージに応じた口腔機能管理の推進に加えて、歯科固有の技術評価見直しとして、CAD/CAM冠の適応拡大(大臼歯の…

【配信終了】ウェビナー「チェアサイドCAD/CAM最前線!」

皆さま、ご視聴ありがとうございました ※小池軍平先生の動画配信は2024年1月20日で終了、北道敏行先生の動画配信は2024年2月18日で終了いたしました ご視聴のお申込はこちらへ(WHITE CROSSの案内ページに遷移します) CAD/CAM冠が保険算定できるようになって、もうすぐ10年が経過します。この10年、歯科界では保険・自費治療のどちら…