パナビア® V5

(20件)
絞り込む

絞り込み検索

キーワード

カテゴリ

~ご案内~長期休診中の材料の保管について

~ご案内~ 長期休診中の材料の保管について 長期休診中の材料の保管は、下記をご参考ください。 詳しくは、電子添文をご確認ください。 電子添文はこちら(PMDAホームページ) https://www.info.pmda.go.jp/downfiles/md/whatsnew/companylist/companyframe.html   …

【受講無料】12月13日 20:00~ Dr.中村がわかりやすく解説!最新歯科治療の根幹となる接着歯学

  この10数年で、歯科治療は素晴らしく進化してきました。それは、インプラント治療、再生療法を含む歯周治療、審美・補綴治療、MI (Minimal Intervention)の概念に即した治療、デジタル歯科治療などです。 中でも、審美修復・補綴治療とMI治療、さらにある種のデジタル歯科治療では、接着歯学を抜きに語ることが困難と言えます。…

「パナビア® V5」に蛍光性はありますか?

天然歯に近似した蛍光性を有しています。

「パナビア® V5」の被膜厚さを教えてください。

約12μmです。

「パナビア® V5」の接着力を低下させる要因はありますか?

窩洞清掃が不十分な場合、接着強さが低下する恐れがあるため十分に清掃してください。また、唾液、血液等で被着面が汚れた場合は、水洗等の清掃を行い乾燥した後に装着させてください。唾液や血液の除去には、「カタナ® クリーナー」を使用できます。 カタナ® クリーナー なお、下記の材料は特にご注意ください。 ① ユージノール系の材料 歯髄保護、仮封・仮着に、ユー…

「パナビア® V5ペースト」が練和紙上で硬化しない・硬化が遅いのはなぜか

一般的にレジンセメントは、空気と触れていると硬化をしない「嫌気硬化性」という特性を持ち、練和紙上での硬化確認はできません。口腔内で補綴装置を装着する際に空気が遮られ、室温よりも温度が高い状態になることで、セメントの化学重合が促進されます。

「パナビア® V5」 の「トライイン ペースト」の色調は、ペーストのどの状態に合わせていますか?

「パナビア® V5 ペースト」の硬化物と同じ厚みの時に同等の色調となるように設計されています。「パナビア® V5 トライイン ペースト」で試適する際は、最終的な装着時と同様に補綴装置の適合性に気をつけながら行ってください。

「パナビア® V5 トゥースプライマー」について、インプラントアバットメントの場合も使用できますか?

インプラントアバットメントの場合は、「パナビア® V5 トゥース プライマー」は使用できません。「パナビア® V5 ペースト」の硬化が促進され、充分な操作時間が確保できない恐れがある(接着時に補綴物が浮き上がるリスクがある)ためです。 インプラントアバットメント、フレーム及び歯冠修復物の表面処理には、「クリアフィル® セラミック プライマー プラス」をご使…

「パナビア® V5 トゥース プライマー」は「パナビア® V5 ペースト」以外のセメントにも併用できますか?

「パナビア® V5 トゥース プライマー」は「パナビア® V5 ペースト」専用のプライマーです。当社従来品(「パナビア® F 2.0 ペースト」など)を含めて、他のペーストと併用することはできません。

「パナビア® V5」で支台築造を行った場合、形成までにどの程度待てば良いですか?

コアの場合  支台歯形成はコアの装着から6分以上経過した後、十分に硬化させてから行います。 ポストの場合  ①植立後、支台築造用コンポジットレジンを添付文書にしたがい築盛します。  ②支台歯形成はポストの植立から6分以上経過した後、十分に硬化させてから行います。…

「パナビア® V5」のオペークは光重合で硬化しますか?

オペークは材料の分類上(JIS T6611)は化学重合型です。ただし、最表層については、可視光線光エネルギーによる光重合反応によっても光硬化します。 余剰セメントについては、光照射によって半硬化させて除去することはできませんので、余剰セメントを小筆等で除去します。 その後、マージン部1ヶ所に対して光照射し、セメント表面を光硬化させます。 さらに、下表を…

「パナビア® V5 ペースト」の操作余裕時間、硬化時間は?

目安は下表のとおりです。操作余裕時間、硬化時間は周囲の環境や温度により異なります。 ※光量800-1400mW/cm2のLED照射器を使用した場合…

「パナビア® V5」各歯科重合用光照射器による照射時間は?

「パナビア® V5 ペースト」の重合で使用する各歯科重合用光照射器による照射時間は下表のとおりです。 ・LED照射器:光源が青色LEDで発光スペクトルのピークトップが450~480nm ・ハロゲン照射器:有効波長域が400~515nm 光量については、各照射器の添付文書または取扱説明書を確認してください。…

「パナビア® V5」5色の使い分けについて教えてください。

ユニバーサル:歯冠色であるため、歯質との調和に優れて、幅広い症例に適しています。 クリア:透明性が高く、補綴装置の審美性を損なわないため、ポーセレンラミネートベニアやジャケットクラウンに適しています。 ブラウン:ユニバーサルより彩度が高いため、マージン部の彩度を上げたい症例に適しています。 ブリーチ:明度が高く、ポーセレンラミネートベニアなど、明度を上…

「パナビア® V5」の接着ステップについて教えてください。

「パナビア® V5」の接着ステップは、「セメンテーションガイド」からご確認頂けます。 補綴装置及び支台歯の素材を選択して頂くと、最適な接着方法をご案内しております。 セメンテーションガイド…

「パナビア® V5」は、変色しますか?

“アミンフリー”の化学重合触媒を導入しているため、BPO-アミン系触媒を採用した当社従来品(「パナビア® F 2.0」)と比較して、色調安定性に優れています。経時的な色調変化を肉眼での検出限界以下※に抑えています。また、天然歯に近似した蛍光性も備えています。 ※測定機器を用いた当社データによる。…

「パナビア® V5」は、なぜ象牙質の接着性が高いのですか?

リン酸エステル系モノマー「MDP®」  リン酸エステル系モノマー 「MDP®」は、歯質のみならず、金属やジルコニアに対しても高い接着強さを示しますが、「パナビア® V5」の接着性レジンセメントシステムでは、「パナビア® V5 トゥース プライマー」および「クリアフィル® セラミック プライマー プラス」に当社独自の高純度リン 酸エステル系モノマー…

「クリアフィル® DCコア オートミックス® ONE」の直接法による支台築造において、「クリアフィル® ユニバーサルボンド Quick ER」以外のボンディング材あるいは歯科用セメントを併用できますか?

当社デュアルキュア型ボンディング材では、例えば、「クリアフィル® DCボンド」、「クリアフィル® ライナーボンドⅡ Σ」(ボンドB液併用)を併用できます。「クリアフィル® メガボンド® 2」の場合は、本品のプライマー処理後、ボンドと「クリアフィル® DCアクティベーター」を混和することで併用できます。※ 一方、歯科用ポストを築造窩洞に植立する場合の歯科用セ…

歯科用セメントにて歯科用ポストを植立した場合、その後の「クリアフィル® DCコア オートミックス® ONE」操作ステップの概要を教えてください。

「パナビア® V5」または「SA ルーティング® Multi」を用いて植立する場合 添付文書にしたがいポストを植立し、溢れた余剰ペーストを残存歯冠やポストのヘッド部に薄く広げます。 その後、歯科用ポスト周辺に「クリアフィル® DCコア オートミックス® ONE」を築盛します。所定の光硬化深度以上に一度に築盛する場合は、光照射後必ず6分以上静置し、硬化後は…

「SA ルーティング® Multi」の歯面処理に「パナビア® V5」のトゥース プライマーは使用できますか?

トゥースプライマーは「パナビア® V5」専用品のため、「SA ルーティング® Multi」への使用はできません。また、使用している化学重合触媒などが異なるため、十分な接着性が得られません。