クリアフィル® ユニバーサルボンド Quick ER

(24件)
絞り込む

絞り込み検索

キーワード

カテゴリ

~ご案内~長期休診中の材料の保管について

~ご案内~ 長期休診中の材料の保管について 長期休診中の材料の保管は、下記をご参考ください。 詳しくは、電子添文をご確認ください。 電子添文はこちら(PMDAホームページ) https://www.info.pmda.go.jp/downfiles/md/whatsnew/companylist/companyframe.html   …

「クリアフィル® ポーセレンボンド アクティベーター」はどのような製品ですか?

ボンドと等量混和し、シランカップリング剤として使用する製品です。 「クリアフィル🄬 ユニバーサルボンド Quick ER」や、「クリアフィル🄬メガボンド🄬2」のプライマー等と混和することができます。

「パナビア® ベニア LC」の前処理材として、「クリアフィル® ユニバーサル ボンド Quick ER」などのボンディング材を使用しても良いですか?

「パナビア® ベニア LC」をご使用時は、支台歯の前処理材として、「パナビア® V5 トゥース プライマー」をご使用ください。「パナビア® V5 トゥース プライマー」以外のプライマーやボンディング材を使用することはできません。

「クリアフィル® トライエスボンドNDクイック」は、「クリアフィル🄬 ユニバーサルボンドQuick ER」とどう違うのですか?

同じく光重合型のセルフエッチング型のボンディング材ですが、使用用途が異なります。 「クリアフィル🄬 ユニバーサルボンドQuick ER」は、「クリアフィル🄬 DCコアオートミックス🄬 ONE」や「SAルーティング🄬 Multi」と 併用可能です。 また、「クリアフィル🄬 ユニバーサルボンドQuick ER」は、歯科用知覚過敏抑制材料や歯科用シーリング・ …

「クリアフィル® トライエスボンド ND クイック」は 知覚過敏抑制や象牙質レジンコーティングとして使用できますか?

使用できません。 知覚過敏抑制には、「ティースメイト® ディセンシタイザー」や「ティースメイト® AP ペースト」をご使用ください。 象牙質レジンコーティングには、「クリアフィル® ユニバーサル ボンド Quick ER」をご使用ください。

【大好評】【受講無料】11月21日~配信開始! CAD/CAMインレー丸わかり!歯科医師向けポイントWEB動画

2022年4月に保険適用されたCAD/CAMインレー。形成や接着など、歯科医師が知っておきたいポイントを、京都府でご開業の宮地秀彦先生に解説頂きました! 治療選択・材料選択・形成・接着・直接充填(番外編)の5つにわけ、各5~10分の動画となっていますので、是非ご覧ください。 詳しくは下記ページをご確認ください。 詳しくはこちら(案内ページに遷移しま…

【受講無料】12月13日 20:00~ Dr.中村がわかりやすく解説!最新歯科治療の根幹となる接着歯学

  この10数年で、歯科治療は素晴らしく進化してきました。それは、インプラント治療、再生療法を含む歯周治療、審美・補綴治療、MI (Minimal Intervention)の概念に即した治療、デジタル歯科治療などです。 中でも、審美修復・補綴治療とMI治療、さらにある種のデジタル歯科治療では、接着歯学を抜きに語ることが困難と言えます。…

「クリアフィル® DCコア オートミックス® ONE」は、どの製品と組み合わせて使用すべきですか?

ボンディング材「クリアフィル® ユニバーサルボンド Quick ER」と歯科用ポスト「クリアフィル® ADファイバーポストⅡ」の併用を推奨しています。 「クリアフィル® ユニバーサルボンド Quick ER」は、混和不要、塗布後の待ち時間なし、高接着という特長に併せて、「クリアフィル® DCコア オートミックス® ONE」と接触すると酸化還元反応により硬化…

「クリアフィル® ユニバーサルボンド Quick ER」の各歯科重合用光照射器による照射時間は?

「クリアフィル® ユニバーサルボンド Quick ER」の各歯科重合用光照射器による照射時間は下表のとおりです。 ※「ペンキュアー 2000」(製造販売元:株式会社モリタ製作所)の高出力モードの場合は、3秒、標準モードは10秒 ※LED照射器:光源が青色LEDで発光スペクトルのピークトップが450〜480nm  ハロゲン照射器:有効波長域が400〜…

「クリアフィル® ユニバーサルボンド Quick ER」は未切削エナメル質にリン酸エッチング処理は必要ですか?

「クリアフィル® ユニバーサルボンド Quick ER」の被着面に未切削エナメル質を含む場合は、未切削エナメル質面をリン酸エッチング材で10秒間処理後、水洗、乾燥してください。 また、「クリアフィル® ユニバーサルボンド Quick ER」は切削エナメル質に対して十分な接着力を有しますが、マージン部の切削エナメル質面に対しては、細いニードルチップ(ノズル)…

「クリアフィル® ユニバーサルボンド Quick ER」と「クリアフィル® DCアクティベーター」の混和液の操作余裕時間は?

90秒です。 ※遮光下(25℃)において …

「クリアフィル® ユニバーサルボンド Quick ER」ボンディング処理中に、被着面が唾液や血液などにより汚染された場合、どのように処理すればよいですか?

その部位に水洗、乾燥、またはアルコール清掃を行った上、再度ボンディング処理します。 唾液や血液の除去には、「カタナ® クリーナー」をご使用頂けます。   動画でわかる「カタナ® クリーナー」  …

「クリアフィル® ユニバーサルボンド Quick ER」採取後、あるいは保管中にボトル内で、ボンドが相分離することはありますか?

「クリアフィル® ユニバーサルボンド Quick ER」は相分離することはありません。均一な液性状を保ちます。 揮発性の溶媒(エタノール)を含んでいるため、溶媒が揮発すると粘度が上昇し塗布しにくくなります。

「クリアフィル® ユニバーサルボンド Quick ER」の保管方法を教えてください

「クリアフィル® ユニバーサルボンド Quick ER」、「クリアフィル® DCアクティベーター」も共に2~8℃の冷蔵庫で保管ください。 火気の近くに保管しないようお願いいたします。なお、冷蔵庫から取り出した後、室温で15分以上経過してから採取してください。

「クリアフィル® ユニバーサルボンド Quick ER」キャップを開けると、液が湧き出した。どのように対応すればよいですか?

「クリアフィル® ユニバーサルボンド Quick ER」は2~8℃の冷蔵庫で保管する製品ですが、ボトルが冷えた状態でキャップを開閉すると、ボトル内の冷えた空気が膨張し、ノズル内に残されていた液が押し出され、湧き出しが起きる傾向があります。これを防ぐために、冷蔵庫から取り出した後、室温で15分以上経過してから採取してください。なお、キャップを閉める際には、ノズ…

「クリアフィル® ユニバーサルボンド Quick ER」ボンドが付着した粘膜面が白っぽくなった。どのように対応すればよいですか?

モノマーの蛋白凝固作用による上皮組織への一過性の現象であり、粘膜面が若干白くなることがありますが、その白化は数日で消失します。患者さんに対しては、ブラッシングなどで白化した部位に刺激を与えないよう説明してください。なお、口腔粘膜・皮膚に付着しないよう添付文書の「重要な基本的注意」を参照の上、適切な防護処置を施してください。口腔粘膜・皮膚に付着した場合には、ア…

「クリアフィル® ユニバーサルボンド Quick ER」の接着技術について教えてください。

「クリアフィル® ユニバーサルボンド Quick ER」はリン酸エステル系モノマー「MDP®」、高活性重合触媒技術、親水性アミド系モノマーの3つの技術により、ボンドの浸透性及び硬化特性を向上させ、ボンド塗布後の待ち時間なしでも、従来品(※)と比べ接着力が向上しています。また、ボンド硬化体の吸水率を低下させ、強度も向上しています。 [embed]https:…

「クリアフィル® ユニバーサルボンド Quick ER」のボンディング層の被膜厚さは?

「クリアフィル® ユニバーサルボンド Quick ER」のボンディング層の被膜厚さは約5~10μmです。なお、象牙質レジンコーティングなどボンド硬化後にアルコール綿球で未重合層を除去した場合、被膜厚さは約2~5μmです。

「クリアフィル® ユニバーサルボンド Quick ER」は歯科金属用のプライマーとして使用できますか?

「クリアフィル® ユニバーサルボンド Quick ER」は「使用用途4)光重合型の歯科充填用コンポジットレジンによる前装冠などの歯冠修復物の補修(口腔内リペア)」や、「使用用途5)歯科用ポストの表面処理」において、歯科金属用のプライマーとして使用できます。

「SA ルーティング® Multi」に、より高い接着を求める場合、どうすれば良いですか?

「SA ルーティング® Multi」のオートミックスとハンドミックスは「クリアフィル® ユニバーサルボンド Quick ER」を支台歯処理に用いることで、より高い接着強さが得られます。「クリアフィル® ユニバーサルボンド Quick ER」以外は組み合わせて使用できません。 「SA ルーティング® Multi」と「クリアフィル® ユニバーサルボンド Qui…